Lab logo Lab logo
    TOP > Introduction > Overview  
    研究室の概要

 当研究室は,工学系研究科 社会基盤学専攻(工学部 社会基盤学科)における「国際プロジェクトコース」の中心となる研究室です.

 本専攻では,国際社会で幅広く活躍できる人材の育成を目指し,2003年度より「国際プロジェクト部門」を新設,さらに2004年度より専攻・学科名を「社会基盤学専攻/社会基盤学科」と変更しました.国際開発分野においては,工学的専門知識に加え,プロジェクトを立案・管理・実施するためのマネジメント技術・知識,コミュニケーション能力,異文化を理解する知識・経験が必要になります.当研究室では,これら総合的な知識・能力の育成を目的として,国内・海外双方におけるさまざまな問題を研究対象とし,工学・社会学・政治学・経済学等あらゆる分野の知識を動員して研究を行っています.

 当研究室には専任の教員3名(堀井秀之教授,加藤浩徳教授,小松崎俊作講師)と併任の教員1名(本田利器教授),助教1名(森川想助教)が所属し,学生の指導に当たっています(詳しくはmembersを参照してください).研究室では研究室全体(ミーティング・研究発表・合宿等)での活動に加え,各指導教員のチーム単位,指導教員と学生の一対一での活動が行われています.学生はそれぞれいずれかの指導教員のチームに所属し,卒業論文・修士論文研究をはじめ,勉強会・セミナー等を実施しています.

 また,こうした研究室での定期的活動に加え,必要に応じて学生が海外での研究活動・研修に参加することもあります(activities参照).海外の現場における研究活動やプロジェクトへの参加は,学生が大学・大学院で学んだ理論や知識をどのように活用するかを学ぶ貴重な経験となります.専攻で実施しているインターンシッププログラムや交換留学制度等とあわせ,今後も学生が海外の現場を経験できる機会を十分に設け,「現場で活躍できる」人材の養成を目指します.

 当研究室への進学等は専攻の規定に従いますので,専攻ホームページを(留学生はAdmissionのページもあわせて)ご覧ください.問い合わせ等は専攻へお願いいたします.また,2015年10月現在で当研究室には博士課程6人(うち留学生4人),修士課程15人(うち留学生1人),学部生7人の合計27人の学生が所属しています.

 

CONTENTS

1.研究室の概要

2.研究分野

3.研究環境

4.卒業生の進路


5.メンバーの声
  Vol.1: 深谷 正史
  Vol.2: 橋本 雄大
  Vol.3: 恩賀 万理恵
  Vol.4: 大垣 俊朗

  Vol.5: Jin
  Vol.6: Thanh

  Vol.7: 森川 想
  Vol.8: 鈴木 麻友
  Vol.9: 王 暁宜
  Vol.10: 西尾 陽平
  Vol.11: 中村 直嗣

 
NEXT >>> 2.研究分野  
           
   

Copyright (c) 2007 International Project Lab., Department of Civil Engineering, University of Tokyo, All rights reserved.