Lab logo Lab logo
    TOP > Members > Professor Kato  
  加藤 浩徳 教授
住所   〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 工学部11号館3F
TEL 03-5841-7451
FAX 03-5841-7496
E-mail (スパム対策のため画像になっています)
ホームページ http://www.trip.t.u-tokyo.ac.jp/kato/
   
研究分野

国際プロジェクト学,国際交通学,交通計画,交通政策

担当講義 国際プロジェクト序論,社会技術論,財務学,開発とインフラ,
応用プロジェクトV(以上,社会基盤学科),
国際プロジェクトの事例分析特論E(社会基盤学専攻),
事例研究「政策プロセスマネジメント」(公共政策大学院)
             
  略歴・CV / 研究内容 / 関連プロジェクト / 主著 / 委員会 / 受賞歴  
略歴・CV
1970.8 奈良県生まれ/奈良県育ち
1989.3 私立東大寺学園高等学校卒業
1993.3 東京大学工学部土木工学科卒業
1995.3 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻修士課程修了
1995.4 東京大学大学院工学系研究科助手
1998.4 財団法人運輸政策研究機構調査室調査役
1999.2 博士(工学)取得
2000.8 東京大学大学院工学系研究科専任講師
2004.8 同助教授
2005.4-2006.3 スイス連邦工科大学チューリッヒ校客員研究員
2007.10-2009.9 千葉大学工学部非常勤講師
2008.1-2013.12 アジア工科大学客員准教授
2013.11 東京大学大学院工学系研究科教授
2014.1 アジア工科大学客員教授

CV(和文)
  主要研究内容
  • 途上国・新興国を中心とした国際プロジェクトに関する研究
  • 新興国への海外ビジネス展開に関する研究
  • 国際交通・越境交通に関する研究
  • 交通計画・交通経済学に関する基礎研究

 
過去にかかわった国際的プロジェクト
  • インフラへの援助効果に関する東アジアとアフリカの比較研究(JBIC)
  • 日ASEAN交通連携環境行動計画(国土交通省・ASEAN)
  • アフガニスタン国カブール首都圏開発計画推進プロジェクトLBT(Labour Based Technology)導入可能性検討調査(JICA)
  • ミャンマー国ヤンゴン都市圏開発プログラム形成準備調査(JICA)
  • ODA評価「ベトナム都市交通セクターへの支援の評価 」(外務省)
  • 持続可能な交通に向けた長期的な交通政策の評価(ITF/OECD)
  • 日越大学院の設立・運営(JICA)
  • 公共交通市場の組織改革に関する調査(ITF/OECD) 
  • フィリピン国メガマニラ圏地下鉄事業準備調査(JICA)等
 
主著(研究論文・書籍)
I. 最近の主要研究論文
  1. Abe, R., Kato, H. (2017) What led to the establishment of a rail-oriented city? Determinants of urban rail supply in Tokyo, Japan, 1950–2010, Transport Policy, Vol.58, pp.72-79. (DOI: 10.1016/j.tranpol.2017.05.004)
  2. Kato, H., Fukuda, D., Yamashita, Y., Iwakura, S., Yai, T. (2017) Latest urban rail demand forecast model system in the Tokyo Metropolitan Area, Japan, Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board, No.2668 (DOI: 10.3141/2668-07) (in press).
  3. Ninomiya, S., Kato, H., Diaz, C.E.D. (2017) Fare system of urban public transportation services in Davao City, Philippines, Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board, No.2652 (DOI: 10.3141/2652-12) (in press).
  4. Murakami, J., Matsui, Y., Kato, H. (2016) Airport rail links and economic productivity: Evidence from 82 cities with the world's 100 busiest airports, Transport Policy, Vol.52, pp.89-99. (DOI: 10.1016/j.tranpol.2016.07.009)
  5. Abe, R., Kato, H. (2015) Effect of built environment on gasoline consumption in a developing megacity: Evidence from the Jakarta, Indonesia, metropolitan area, Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board, No.2454, pp.12-19. (DOI: 10.3141/2454-02)
  6. Kato, H., Kaneko, Y., Soyama, Y. (2014) Economic benefits of urban rail projects that improve travel-time reliability: Evidence from Tokyo, Japan, Transport Policy, Vol.35, pp.202-210. (DOI: 10.1016/j.tranpol.2014.06.004)
  7. Kato, H., Shiroyama, H., Nakagawa, Y. (2014) Public policy structuring incorporating reciprocal expectation analysis, European Journal of Operational Research, Vol.233, No.1, pp.171-183. (DOI: 10.1016/j.ejor.2013.08.019)

II. 著書
  1. 「交通インフラの多様性」(手塚広一郎,加藤一誠編,共著)(日本評論社,2017/3,ISBN: 978-4535558588)
  2. 「サステナブル都市の輸出:展望と戦略」(原田昇監修,和泉洋人,城所哲夫,瀬田史彦編著,共著)(学芸出版会,2017/3,ISBN: 978-4761532307)
  3. 「メガシティとサステイナビリティ」(村松伸,加藤浩徳,森宏一郎編)(東京大学出版会,2016/8, ISBN: 978-4130651516)
  4. 「グローバル時代のアジア都市論:持続可能な都市をどうつくるか」(松行美帆子,志摩憲寿,城所哲夫編,共著)(丸善出版,2016/1, ISBN: 978-4621300190)
  5. 「大震災に学ぶ社会科学 第3巻 福島原発事故と複合リスク・ガバナンス 」(城山英明編,共著)(東洋経済新報社,2015/9,ISBN: 978-4492223581)
  6. 「市民生活行動学」(土木計画学研究委員会・市民生活行動研究小委員会編,共著)(土木学会,2015/4,ISBN:978-4-8106-0850-2)
  7. 「交通の時間価値の理論と実際」(加藤浩徳編著)(技報堂出版,2013/07, ISBN: 4765518027)
  8. 「『しぶとい都市』のつくり方:脆弱性と強靱性の都市システム」(家田仁,朴乃仙編著,共著)(東京大学・都市持続再生研究センター,2012/11, ISBN: 978-4-9906837-0-2C3051)
  9. "Gender, Roads and Mobility in Asia" (Kusakabe, K. ed.,共著) (Practical Action Publishing, 2012/6, ISBN: 1853397342)
  10. 「交通経済ハンドブック」(日本交通学会編,共著)(白桃書房,2011/10,ISBN: 9784561761921)
  11. "Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach" (Komiyama, H., Takeuchi, K., Shiroyama, H., and Mino, T. eds., 共著) (United Nations University Press, 2011/4, ISBN: 9280811800)
  12. "Designing Our Future: Local Perspectives on Bioproduction, Ecosystems and Humanity" (Osaki, M., Braimoh, A.K., and Nakagami, K. eds., 共著) (United Nations University Press, 2011/2, ISBN: 9789280811834)
  13. "Sustainable Urban Transport in an Asian Context" (Ieda, H. ed., 共著) (Springer, 2010/2, ISBN:4431939539)
  14. 「日本の未来社会―エネルギー・環境と技術・政策―」(城山英明,鈴木達二郎,角和昌浩編著,共著)(東信堂,2009/11,ISBN: 9784887139510)
  15. 「科学技術のポリティクス」(城山英明編,共著)(東京大学出版会,2008/07,ISBN:4130342665)
  16. 「現代の新都市物流」(谷口栄一編著,土木学会都市物流研究グループ著,共著)(森北出版,2005/03,ISBN: 4627495811)
  17. 「それは足からはじまった―モビリティの科学―」(家田仁編,東京大学工学部交通ラボ,共著)(技報堂出版,2000/06,ISBN: 4765516105)

 
主な委員会活動等
  • Asian Transport Studies誌・Editor-in-Chief (2016-)
  • Public Transport Market Organisation and Innovation Working Group(ITF/OECD)・Chairman (2015-)
  • 政策評価審議会(総務省)・専門委員 (2015-)
  • 交通政策審議会(国土交通省)・専門委員(2014-)
  受賞歴等
  • 2015年度東京大学工学部ベストティーチングアワード (2016)
  • アジア交通学会・Best Paper Award (2015)
  • 米谷・佐佐木賞 (2014)
  • 日本交通学会賞 (2014)
  • Outstanding Paper Award at the Emerald Literati Network Awards for Excellence 2014 (2014)
  • 道路政策の質向上に資する技術研究開発・優秀技術研究開発賞 (2012)
  • 道路経済研究所懸賞論文・優秀作 (2003)
  • 移動者マーケティングコンペティション・優秀賞 (2003)
 

Copyright (c) 2007 International Project Lab., Department of Civil Engineering, University of Tokyo, All rights reserved.