Fieldwork

現地での調査・研究活動など

国際プロジェクト研究室では、比較的長期にわたる留学・インターンのみならず、1年を通じて研究のための現地調査が頻繁に行われています。ここでは、最近3年間の学生による研究活動に伴って行われた現地調査の例を紹介します。

2016年度の学生による研究活動に伴う主な現地調査


 

・大洋州島嶼地域の海上物流の実態に関する現地調査
・カンボジア・トンレサップ湖周辺農村道路に関する現地調査
・長野県,石川県の新幹線整備にともなう企業活動への影響に関する現地調査
・徳島県神山町における地方創生事業に関する現地調査
・千葉県浦安市と愛知県南医療生活協同組合における互助活動に関する現地調査
・スペイン・エストニアにおける医療ICTの先進事例に関する現地調査
・スリランカにおける高速道路事業の社会的影響に関する調査(夏・春)

2015年度の学生による研究活動に伴う主な現地調査


 

・インドの越境エネルギーインフラ整備に関する現地調査
・大洋州島嶼地域の海上物流の実態に関する現地調査
・イギリスの放射性廃棄物処分に関する現地調査
・スペイン建設企業の海外展開戦略に関する現地調査
・ペルーの越境交通インフラ整備に関する現地調査
・米州開発銀行のPPPプロジェクト形成に関する現地調査
・コロンビアにおけるデザインが人々の行動変容に与える影響の現地調査
・パキスタンにおける国際物流の現状に関する現地調査
・福岡市警固公園におけるデザインが人々の行動変容に与える影響の現地調査

 

2014年度の学生による研究活動に伴う主な現地調査


 

・インドの越境エネルギーインフラ整備に関する現地調査
・チリ・フィリピンの電力事業民営化に関する現地調査
・コロンビアの道路PPP政策改善に関する現地調査
・南アフリカの越境交通インフラおよび港湾インフラ整備に関する現地調査
・スペイン建設企業の海外展開戦略に関する現地調査
・イギリスとドイツの放射性廃棄物処分に関する現地調査
・ロシアにおける北極海航路政策に関する現地調査
・ヤンゴンの都市交通問題および政策に関する現地調査
・イギリス等における認知症患者とその関係者の行動変容に関する現地調査
・四国地方整備局における国と地方との行政機関の役割分担に関する現地調査