Research Activities

研究室の活動

研究室の活動には大まかに分けて2通りあります.所属する教員や学生の研究にかかわる活動(研究活動)と,各種ミーティング・勉強会など研究室主催で定期的に行われるイベントです.

研究活動においては,卒業・修士・博士論文の学位論文研究が最も重要であり,この活動が研究室生活の柱となります.これに加えて,所属する学生は自らの研究や教員の研究で必要となる現地調査(海外・国内)を行います.左のメニュー「論文」には過去の学位論文等の情報が,「現地調査等」にはこれまでに行われた海外・国内における調査・研究活動の情報が掲載されています.これらの情報は研究室の方向性を知る上で,また当研究室への進学を考えておられる皆さんにとっては今後の研究内容を考える上で役立つものと期待しています.

 

これら研究活動の傍ら,研究室あるいは指導教員のチーム単位でミーティング・勉強会・合宿などが行われています.これらのイベントは,教員を含めた研究室メンバーがコミュニケーションを深めるだけでなく,それぞれの研究内容や興味,将来等について議論を行い,互いに高めあう貴重な機会となっています.

 

 講義体系

 

English Version
Japanese Version

 

国際プロジェクト研究室・年間イベント表

 

4月新学部4年生・修士1年生が研究室配属
4~7月夏学期:授業・チームミーティング・勉強会など
8月夏休み(学生)
8月下~9月研究室合宿
9月卒業論文・修士論文中間発表
10~1月冬学期:授業・チームミーティング・勉強会など
2月初卒業論文・修士論文提出
2月中旬卒業論文・修士論文最終発表
3月下旬卒業・修了式

 

10月入学の学生は,10月上旬に研究室配属となり,卒業・修了も8~9月にかけて論文提出・発表・修了式となります.
論文の最終発表が終わった2月中旬から3月の卒業・修了までの間に,例年研究室スキー合宿が行われます.ただし,これは完全にレクリエーション目的です

 

海外留学・インターン等の海外活動

 

当研究室の学生は、社会基盤学専攻の提供するアジア開発銀行(Asian Development Bank, ADB)との独自のインターンシップ制度などを活用して、多くのインターンシップに積極的に参加しています。

 

最近の研究室所属学生による海外留学・インターン等の事例は、以下の通りです。

・ENPC(仏・ポンゼショセ)への留学(2013年4月~2015年3月):修士学生
・スイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校でのインターンシップ(2015年9~12月):博士学生
・国際エネルギー機関(IEA)でのインターンシップ(2015年7~10月):博士学生
・世界銀行での研修(2015年1~4月):修士学生
・米州開発銀行での研修(2014年8~12月):修士学生
・タイ・タマサート大学でのインターンシップ(2014年9~10月):修士学生

 

活動報告

 

世界銀行インターン
2008年度修士1年 恩賀万理恵

現地スタッフと共に大型揚水式発電プロジェクトの環境影響評価などのプロジェクト準備に携わった。日本人として、地球人として、この先自分にも出来ることが充分にあるのではないかという励みを得た。詳しく読む

アジア開発銀行インターン
2008年度修士1年 橋本雄大

上水供給改善プロジェクトにおけるソーシャルコミニケーションの分析を行った。大きな充実感と論理的な思考力を高めるよい経験を得ることが出来た。詳しく読む